「シースリーで脱毛しようと思ってるけど、効果はあるの?」、「効果がないっていう口コミも見たし不安」

ここでは、シースリーの実際の脱毛効果を知りたい人に向けて、詳しく説明していきます。

6回や10回などの回数ごとの効果VIOなどの部位ごとの効果に加えて、キレイモや銀座カラーと比較してお得なのかなども紹介します。脱毛効果を上げる方法についても解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

シースリーの「脱毛効果ない」って噂は本当?

シースリーは効果がないと言われる理由

シースリーは効果が高いという口コミも多いですが、「効果がない」と言った口コミも目に入ります。効果がないと言っている人は、まだ通っている回数が少ない可能性が高いです。

脱毛は1回で効果が出ると勘違いしている人も多いですが、サロンの光脱毛は1、2回で効果が出るものではありません

また、肌が日焼けしていたり乾燥していたりすると効果が出にくいので、注意しましょう。

効果が出なかったら不安、万が一のときの解約料

シースリーは解約に関してはなかなか厳しいです。まだ消化していない分の料金から10%(最大2万円)を引いた額が返金されますが、全て返金されるわけではありません。

回数無制限プランは4回通うと返金されません。回数パックなどでも同じで、2~4回施術を受けた場合には返金されないプランがほとんどです。

4回でサロンの脱毛効果を見極めるのは難しいので、元から解約を視野に入れて契約を考えている人にはあまり向きません。

他とは違う?シースリーの脱毛方法を分析

シースリーの脱毛器は最新の超光速脱毛器

シースリーでは、最新の超光速脱毛器である「C3-GTR」という脱毛器を採用しています。全身脱毛を複数回に分けて施術するサロンも多い中、シースリーは1日で全身の施術ができます。

全身脱毛の施術が最短45分で終わる高速脱毛器で、脱毛の予定もいれやすいです。1回の全身脱毛に掛かる期間が短い分、効果を実感しやすいです。

シースリーの脱毛の痛みや肌トラブル

シースリーの脱毛器は、1回の照射の間にオンとオフが繰り返されていて、皮膚に熱が伝わりすぎてしまうのを防ぎます。熱が伝わりすぎてしまうと、肌が乾燥しやすくなり、酷い場合にはやけどなどの肌トラブルの危険性も考えられます。

「C3-GTR」はそんな肌トラブルのリスクを減らしてくれるので、安心して施術を受けられます。熱が伝わりすぎないことで痛みも抑えられているため、痛みを感じやすいVIOなどの施術も不安がありません。

シースリーの脱毛効果を実感できる回数は何回?

パックプランの回数ごとの効果

シースリーのパックプランは、6回、10回、13回のコースが用意されています。6回の施術で毛は薄くなりますが、脱毛完了まではまだほど遠い状態です。毛を薄くしたいだけなら10回でもいいという人もいますが、綺麗に脱毛したいなら13回で契約をしておいたほうが安心です。

シースリーは毛周期などの関係で3ヶ月おきの施術が推奨されているので、13回通うとなると脱毛完了までは3年半程度かかります。

回数 脱毛効果
1回 施術から2週間くらいたつと少し毛が抜けますが、まだまだ生えてきます
6回 毛が薄くなってきて、脱毛の効果が目に見えて分かり始める頃
10回 毛が大分薄くなってきて、自己処理の頻度が減って楽に
13回 生えてくる毛が産毛だけになって、ほとんどムダ毛が気にならないくらいに

ずっとツルツルをキープしたい人は回数無制限プランがおすすめ

産毛まで綺麗に脱毛したい、施術が完了したあともツルツルの肌をキープしたいという人は、品質保証制度がついた回数無制限プランがおすすめです。

同じ通い放題プランがあるキレイモや銀座カラーと比べて料金がお得で、無期限の品質保証がついているので安心です。

通い放題プランでも、期限があったり1年通わないと契約が切れてしまったりという条件が付けられているサロンは多いですが、シースリーは完全無期限です。

脱毛効果を上げるためにできることは?

脱毛中は保湿が大切!

脱毛は熱によって毛根にダメージを与えているので、とても肌が乾燥します。乾燥した肌のまま施術を続けるとやけどの危険性が高くなり、強い力で照射できずに効果がなかなか実感できなくなってしまいます。

しっかりと保湿をして潤った肌は肌トラブルの危険性が少なく、より強い力で照射できます、肌が潤っていると施術の痛みも軽減できて、脱毛効果の上昇、肌質の改善にも効果的です。脱毛期間中は普段以上に保湿に気を使いましょう。

毛周期を守って施術する

脱毛は毛周期に強く影響されています。毛周期とは毛が生えるサイクルのことで、主に「成長期」、「休止期」、「退行期」の3種類があります。脱毛は成長期の毛にしか反応しない方法が多いので、成長期の毛がなければ施術をしても意味がありません。

1回の施術で成長期の毛に光を当てたあと、次に成長期の毛が生えそろうまでは2~3ヶ月かかります。

そのため、施術の間隔は2~3ヶ月空けて行った方が効果が高く、少ない回数でもしっかりと効果を実感できるようになります。

毛抜きで処理をしない

自宅で自己処理をするときに毛抜きや脱毛ワックスを使う人は多いですが、脱毛前は使用厳禁です。脱毛は毛の黒いメラニン色素に反応して作用しているため、毛根までなくなってしまったら脱毛の効果が得られなくなってしまいます

毛を抜いてしまうと毛周期もズレるので、脱毛を考えている人や脱毛期間中の人は毛を抜くような処理方法は控えましょう。

脱毛前は、毛を剃ることで処理して肌への負担が少ない電気シェーバーがおすすめです。サロンでも電気シェーバーの使用が推奨されているので、正しい処理方法でしっかりと効果を得られるように注意してください。

日焼け対策をしっかりと行う

脱毛は肌が日焼けしていると効果が薄れてしまいます。日焼けは肌にメラニン色素が溜まっている状態なので、日焼けをしたまま脱毛すると、施術の光が肌のメラニンに反応してしまって毛根まで届かなくなります

そうすると、脱毛効果が薄れてしまうだけでなく、肌表面に熱が伝わりすぎて火傷をしてしまう可能性が高くなります。

脱毛期間中、特に夏はしっかりと日焼け対策を行ってください。

まとめ

シースリーは効果がないといった口コミもありますが、効果がないという場合はまだ通っている回数が少ない可能性があります。

シースリーは、最新の超光速脱毛器である「C3-GTR」を採用しているので脱毛効果が高く、肌トラブルが少ないです。綺麗に脱毛をしたいなら13回での契約が安心ですが、ツルツルをキープしたいなら回数無制限プランがおすすめです。

1回の施術時間が短く通いやすいので、脱毛に通う時間があんまり取れないという人にも向いているサロンです。